ダイオキシンのはかりかた

科学

近年の環境問題の対策法

近年、利益の追求のみを考えて、環境のことを考えることが無いように規制が強まってきたことにより、自衛として、企業のコンプライアンス意識が強くなっております。特に一般の方にも馴染みがあるものとしてはダイオキシンなどがあります。ダイオキシンは1990年ごろから危険性が報道により認知されてきました。そのため、以後低温ではプラスチックなどを低温で処分することが法律で禁止されるようになりました。日本では工業会により、どれだけのハロゲン粒子を許容されるかが決まっており、それ以下の製品にはハロゲンフリーとみなされ、環境に優しいことを証明することができます。しかし、ハロゲンは分子のため、見た目ではどれだけ空気中に放出されるかを簡単には確認することができません。そのため。それらの物質を計測する方法としてハロゲン分析が挙げられます。ハロゲン分析ではフッ素やヨウ素などハロゲン元素が発生しているかどうかを証明することができます。ハロゲン分析方法は国際規格で厳密に定められており、塩化ビニールなどの試料を燃やすことでガスを発生させ、そのガスを吸収する特殊な水溶液をもちいて一箇所に集めます。その後、クロマトグラフィーを行うことで測定を行います。結果が判明するには2gほどの試料が必要で実験を開始してからおよそ10日程かかるため、なかなか手間や時間がかかってしまいます。しかし、ハロゲン分析により消費者に環境にやさしい製品を使う選択肢を選ばせる事ができるようになります。

Copyright© 2017 数百倍もの倍率が魅力的!マイクロスコープの利便性を徹底解説 All Rights Reserved.