環境汚染を防ぐために

研究者

大気汚染物質・ダイオキシンの発生原因の一つが、ハロゲン元素の化合物です。難燃剤として様々な製品に使用されてきたハロゲン化合物、あるいはこれから製品となる材料に含まれるハロゲン化合物を、ハロゲン分析で分析・測定する事は、環境汚染を未然に防ぐためにもとても大切なものです。

詳しく見る

男性

様々な種類がある

人の目はある程度の大きさのものまでは捉えることができますが、小さいものになると、詳細を確認することはできず、大きな事故の原因を見逃してしまう可能性があります。その為、いつでも手軽にマイクロスコープのような機械で確認できる態勢を作っておくことは事故未然防止に大切なことです。

詳しく見る

研究

ハロゲンの含有を調べる

ハロゲン化合物は難燃剤として主に電子部品や電子機器などに用いられています。しかしこのハロゲン化合物は燃焼すると有害なハロゲンガスを発生させます。このためハロゲンを含まないものが広く作られるようになっており、そのためのハロゲン分析も行われています。

詳しく見る

顕微鏡

より研究が進むアイテム

マイクロスコープの値段の相場用途によってそれぞれ異なりますが、安いもので8万円程度です。近年のマイクロスコープはより立体的な映像の観察が可能となり、様々な機材とカスタマイズする事で、研究の促進を実現しています。各法人の研究論文でも、最新鋭のマイクロスコープが役立っているのです。

詳しく見る

科学

ダイオキシンのはかりかた

ハロゲン族の物質を大気に放出することにより様々な問題が発生することが近年分かるようになりました。そこでハロゲン粒子を計測するためにハロゲン分析という方法があります。ハロゲン分析は日数や手間がかかりますが消費者の選択肢として十分価値があります。

詳しく見る

対象物を高い倍率で

顕微鏡

商品開発や医療現場で

マイクロスコープとは光学顕微鏡の一種で、レンズで実物を拡大して見るという実体顕微鏡と異なり、レンズに加えて光も使います。まずは対物レンズで対象物を拡大し、さらにそれを光で一層大きく鮮明にし、接眼レンズに映し出すという仕組みになっているのです。したがってマイクロスコープでは、実体顕微鏡よりも高い倍率でしっかりと対象物を見ることができます。中には、数百倍もの倍率で対象物を表示させることができるマイクロスコープもあります。しかもパソコンなどの端末に接続し、画像をさらに拡大表示させることが可能です。さらにパソコンの機能を使い、ピンポイントで拡大したり、選択した範囲のサイズを計測したりといったこともできるのです。このように非常に便利なので、マイクロスコープは様々な商品の開発製造などに使われています。安全性の高い商品とするために、素材や部品のひとつひとつをマイクロスコープで確認しながら、作り上げていくのです。完成後にも、問題がないかどうかがマイクロスコープで厳しくチェックされます。これにより、細部にも問題のない安全な商品となりますし、それが売れ行きや製造元の評価をアップさせていくことになるのです。またマイクロスコープは、医療現場でも患部のより細かな確認のために活用されています。拡大表示により、肉眼では確認できない罹患箇所でも確認し、切除や縫合など適切な処置をすることが可能となります。つまり医療においても、安全性の追求に役立てられているわけです。

Copyright© 2017 数百倍もの倍率が魅力的!マイクロスコープの利便性を徹底解説 All Rights Reserved.